累計: 本日: 昨日:
☆お知らせ




千 葉 の 俳 人『房総ふるさと歳時記』(ふるさと文化研究会)は千葉の俳句の宝庫!
織本花僑(富津市 1736年★)
袷着て白き扇子のはつ音哉  鳥遊べ初手の時雨ハ木隠るゝ
冬枯や中(仲)よく見ゆる三軒家     庵の夜をくるりくるりと螢かな
春風や女ぢからの鍬にまで        名月や乳房くはへて指して
小林一茶追悼句 目覚しのぼたん芍薬でありしよな   何をいふはりあひもなし芥子の花

鈴木真砂女 (鴨川市★)
羅(うすもの)や人悲します恋をして 冴え返るすさまじきものの中に恋
死なうかと囁かれしは蛍の夜 かのことは夢幻か秋の蝶
泣きし過去鈴虫飼ひて泣かぬ今 白桃に人刺すごとく刃を入れて
?こほろぎやある夜冷たき男の手 罪障のふかき寒紅濃かりけり
人と遂に死ねずじまひや木の葉髪 初凪やもののこほらぬ国に住み
大輪の菊の首の座刎ねたしや   あはれ野火の草あるかぎり狂いけり
蛍火や女の道をふみはずし 戒名は真砂女でよろし紫木蓮

三橋鷹女(成田市★)
夏痩せて嫌ひなものは嫌ひなり 堕ちてゆく 炎ゆる夕日を股挟み
鞦韆は漕ぐべし愛は奪ふべし    白露や死んでゆく日も帯締めて
老いながら椿となつて踊りけり     枯蔦となり一木を捕縛せり
老鴬や泪たまれば啼きにけり      この樹登らば鬼女となるべし夕紅葉
柴田白葉女(兵庫県→市川市★)
庭の霧に夫とあふおのおのの鍵ならし
月光のおよぶかぎりの蕎麦の花   磨崖仏滴りに浮く眉目かな
水鳥のしづかに己が身を流す    冬の裸婦己れさげすむ微笑もて

能村登四郎(市川市★)
長靴に腰埋め野分の老教師 火を焚くや枯野の沖を誰か過ぐ
春ひとり槍投げて槍に歩み寄る 一度だけの妻の世終る露の中
厠にて国敗れたる日とおもふ 霜掃きし箒しばらくして倒る

石田ゆき緒(御宿町★)
つみびとの如くふるへ来若布刈海女 帽くれし妻のかひなの鮑傷
ふくれくる波の芯より若布刈海女 大岩に生まるるかげの添乳(そえじ)海女
寡婦として漁臭沁みたる木の葉髪 さざえ髪解いて祭の海女若し
命樽月に叩いて踊る海女 海女ら解く髪に夕虹立ちそめし

小澤  實(長野県→千葉県)
友死すや啜りて牡蠣のうすき肉 浅蜊の舌別の浅蜊の舌にさはり
芋虫のまはり明るく進みをり      遠足バスいつまでも子の出できたる
露の玉考へてをりふるへをり      鮟鱇を食らひ地獄に堕ちんかな

朝生火路獅(市原市★)

霧の量感石炭くさき夜の逢曳き  濡れた太陽少年が跳ぶ白い木株
腐る干潟に人間光り子守唄         埠頭のドラム缶眠たい手らの流れ
滴るポプラ青年の髪錐となり        児の誕生柵の中を逃げまどう

安藤三佐夫(市原市)
反核の大うねりなれ稲穂浪(大江健三郎氏などの運動へ)
敗戦日 ぽろぽろ 手足もげて逝く     松の樹脂採れば たらりと敗戦日
わがペガサス海越えて咲き 茉莉は人妻   灯を消す俺が創る夜明けの鋼の星

山中葛子(市原市)
たましいを潮煮にして大蛤  日輪をすとんと抱きて青みどろ
黄昏をゆっくりと抱き蝌蚪の水    蓮の骨こんなに抱いて真水かな
孤独死を思いはじめている栄螺     お大事にそれだけのことだんご虫

秋尾敏(野田市)
大方の道は歩いた蝸牛  兜町足から枯れていく男
これは時雨だ樅の木の謙虚な守り   傷つけてきた万象に種を撒く
倒木の立ち上がらんと朧の夜

能村研三(市川市)
肉親へ一直線に早苗投ぐ  海神の彫琢の作栄螺置く
ジーンズで来て早乙女となりしかな     春の暮老人と逢ふそれが父
寒鯉とわれ遂にわれより動く

塩野谷 仁(栃木県→船橋市)
物質として水掴む五月闇 
ただひとりにも波を打つ冬の水    手足あることの暗さを衣被
冬野より戻れば冬野光るのみ     夢に夢みて寒の月とり逃がす
地続きに落日もあり韮雑炊      殴られやすき男あつまる冬の山

武田伸一(能代市→市川市)
冬銀河濤の奈落のあるばかり
出羽丘陵狐火二つ三つ十       肉体やみしりみしりと麦の秋
一個の岩に母来て座る虚空かな    上総三日月波は野菊の上だという

大原テルカズ(山武市→船橋市★)
兎と弓近接漫画次頁へ 左よりわが埋葬を救うシャベル
青銅の男根かつきられホーマー  全市蝋涙ここに上司に酒さす婦人

★=故人 
※スペースがない。白鳥鳥酔・前田普羅・大木五大夫・平山独木・杉本北柿・小川恭生・林翔・田中午次郎・今泉宇涯・河合凱夫・大串あきら氏などなど、枚挙に暇なし。2015年師走
電子書籍 『命燃ゆー養珠院お万の方と家康公』(幻冬舎ルネッサンス)は、次の5社の扱いです

AmazonKindle
Appleibooks
楽天kobo
紀伊國屋書店
SONY Reader Store








平成26年度 生涯学習講座 「千葉ふるさと文化大学」


転居のお知らせ
〒299−5103
千葉県夷隅郡御宿町新町816−5 アーバンコンフォート616号

TEL・ FAX 0470−62−5995  携帯 090−8332−4581
E-mail=furusatobunka@ipone.ne.jp

Blog.goo=おぼろ男  H.P=http//www.furusatobunka.jp 
☆安藤 操(三佐夫)☆



ふるさと文化 47号


縄文検定 案内
第1回縄文検定 縄文学博士
「縄文検定」例題集100問
「縄文検定」の勧め
縄文倶楽部 入会のご案内
房総(千葉)学検定例題集
平成26年度 生涯学習講座
「千葉ふるさと文化大学」
ふるさと文化 47号
湯浅みつ子の房総酒造り唄
初心者でも上達する俳句会!
うた物語ー安房千鳥
ふるさと言葉大集合
千葉のむかし話ガイド
出版企画
千葉【房総】県の民謡をたずねて
『千葉の地酒とうまい肴』
2012年 若水組活動計画
これぞ本物の地酒
+若水組の報告
小野田舞絶佳!
若水組だより
あなたも棚田と里山再生オーナーに!
クラブ活動案内
 

歴史民俗・自然と里山・街角スナップ・民謡・朗読・書道・俳句・合唱・美術館めぐり・陶芸・酒と酒菜(羽衣・亀・河童組)そばグルメ・米作り若水組 他

夢二のふるさと
旭内市裏塚祭礼
市原・寺々
松戸市・戸定館・本土寺他
   
   
ネパール・北部インドの旅
縄文遺跡を世界遺産に!
国際交流の歩み
ギリシャエーゲ海
旧満洲の旅
タイランド印象記
シルクロードを行く
シルクロードを行く2
サンクト・ペテルブルグ
バリ島探訪
天空都市・ペルー



▲上へ

生涯学習講座千葉ふるさと文化大学
携帯番号【090−8332−4581】
事務局 〒299−5103
千葉県夷隅郡御宿町新町816−5 アーバンコンフォート616号
(月〜金曜日10時〜4時受付)




Copyright (C) 2005 ふるさと文化研究会 All rights reserved.